抵当権の仕組み

抵当に関する権利は民法に関連した事柄です。抵当に関する権利は約定担保物権と言われています。

 

抵当に関する権利を設定する場合、債務者以外の人が抵当権設定者となる際はその人を物上保証人と言います。抵当に関する権利は企業資金の調達や住宅ローンなどに広く利用されています。抵当に関する権利は質権のように目的物の占有移転を必要としないので、目的物を使用および収益しながら債務を弁済する事ができます。抵当に関する権利は約定担保物権であり、債権者と設定者との契約によって成立します。

 

設定契約により成立するのは質権と同じです。違いも実はあります。質権の設定契約は当事者の合意の他に目的物の引き渡しがその成立要件となる要物契約なのです。一方、抵当に関する権利の設定契約は当事者の合意のみで成立する諾成契約です。車06

 

なお、抵当に関する権利の目的となるものは不動産や地上権、永小作権です。抵当に関する権利は設定登記を公示方法としています。つまり、登記が無いと第三者に対抗ができません。民法は行政書士の試験で得点源にしておくと良い事があります。

 

東京都が運営する地下鉄に乗ると法律事務所が発行した車内広告を目にします。都営地下鉄の沿線の大学では低廉な学費で学べる大学通信教育を実施しています。

Comments are closed.