根抵当権と抵当権の違い

抵当権とは、特定の債権を担保するために設定する担保権のことです。
A債権を担保するために設定された抵当権は、B債権を担保することはできないということです。
そのため、根抵当権という制度がなかった時代には、会社等が銀行から融資を受ける際には、銀行から借り入れをするたびに抵当権を設定する必要がありました。

 
それを解消するために考え出された担保権が、根抵当権という担保の設定方法です。
根抵当権は、債権の範囲、極度額、債務者をあらかじめ定めて登記をしておくことで、借り入れをするたびに抵当権の設定登記をしなくてもよくなりました。
債権の範囲とは、銀行取引等の一定の取引に関する債権を全て担保することになるため、同じ当事者間のA債権、B債権のどちらも一つの根抵当権で担保されるという特徴があります。
また、抵当権で担保される債務が譲渡された場合には、当然に抵当権も債務を譲り受けた者に移転しますが、根抵当権で担保される債務が譲渡された場合には、債務譲渡がされただけでは当然には根抵当権は移転されません。
そのため、債務を譲り受けた方が債務だけでなく根抵当権についても譲り受けたいと考えるのであれば、根抵当権移転登記の申請をして根抵当権についても譲り受ける必要があります。

Comments are closed.