保証債務を相続せずに済ませる方法

親が亡くなった後で、遺産相続の手続きをするために相続財産の調査を行ってみたところ、他人の借金の連帯保証人になっていたことが判明するようなケースがしばしばあります。ごくたまに、連帯保証人の意味を正確に理解しないままで、不動産や預貯金などプラスの財産の相続手続きを済ませてしまう人がおりますが、それは大変危険です。

 

連帯保証人の意味を知らなくても、連帯保証人になっているという事実を認識しつつ他の財産の相続手続きを行ってしまった場合には、単純承認したということになってしまいます。なので、連帯保証人の責任も当然に相続されます。

 

この連帯保証人には、単なる保証人とは違って、催告の抗弁権や検索の抗弁権のようなものがありません。

 

つまり、債務者が弁済できない場合に限って二次的な履行義務を負うようなものではなく、債務者本人とほぼ同様の重い履行義務を負わされる保証人です。なので、相続が発生したことを債権者に知られた場合などには、御しやすしと判断されてすぐに全額の履行を請求される可能性も出てきます。ですので、被相続人が連帯保証人になっていたことがわかった場合には、安易に相続手続きを進めたりはせずに、まず相続財産全てを洗い出してみることが必要です。

 

 

その結果、もしもマイナス財産の方が大きく相続したくないと考えるのならば、相続放棄申述書を家裁に提出すればオーケーです。一方、相続財産の範囲内で保証債務を引き継ぎたいと考えている場合には、限定承認するという方法もあります。ただし、その場合には法定相続人全員で手続きをとる必要があります。

Comments are closed.