保証人の地位は相続の対象になるのか

知人や親族等から借金の保証人になってくれないかと頼まれてしまうことがあります。正直なところ、積極的に保証人を引き受けたいと思うことはほとんどないと考えられますが、付き合い上どうしても断りにくいような場合も少なくありません。

 

しかし、安易に保証人になることを引き受けてしまうと、場合によっては自分の妻や子に迷惑をかけてしまう可能性が出てきますので、慎重に判断する必要があります。たとえば、友人の借金の連帯保証人になった後で、妻や子を残して自分が先に死んでしまうようなことがあったとします。その場合、妻や子に残してやれる預貯金などがあったとしても、それを妻や子が受け継ぐためには、連帯保証人の地位も受け継がなくてはならないことになっています。プラスの財産だけ受け取って、保証人の責任なども含むマイナスの財産の受け取りは拒否するというような、都合の良いやり方は認められていません。

車03

 

特に、連帯保証人の場合には、債務者本人とほぼ同様の重い責任を負わされてしまうおそれがありますので、引き継がないに越したことがないのです。しかし、連帯保証人にならないためには、預貯金等を受け取る権利なども全て放棄しなくてはなりませんので、場合によっては生活が困窮してしまう可能性があります。このように、保証債務も当然に相続の対象となるわけですから、保証人になってくれるように頼まれた場合には、慎重に対応する必要があります。

Comments are closed.